すっぽんについて記事一覧

健康食品として様々な効果や効能があるとして有名な、すっぽんは宮中料理として楊貴妃も愛用していたと言われているほど歴史が古く、中国では3000年から4000年の歴史があります。また中国では料理のほかに漢方薬として使用されており、メスは繁殖用にしてオスを料理や漢方として使用していたとされています。日本でのすっぽんのイメージは高級料理で、普段はなかなか食べることができない物という印象が強いのですが、日本...

すっぽんが体に良いワケは、滋養強壮の成分が豊富で、体に不足している栄養の補給源として最適なためです。このような食材は他には稀なために、古代中国の時代から愛用され、実際の性味の研究も行われてきました。伝統的な効果の裏付けについては、近年の新たな研究のおかげで、成分の組成が分かるようになったのです。漢方の分類においては、すっぽんの肉の部分の性味は平性にして甘味になるために、弱った内臓を元気にして滋養強...

すっぽんは、成長すると30センチほどまで大きくなるため、飼育容器の幅は最低でも90センチ必要になります。環境として、飼育容器の床材は、深めに砂を敷きます。すっぽんは、砂に潜ることが多いため、砂の中では落ち着いてリラックスします。ただし、水質に敏感なため、低い水温には耐えることができません。そのため、ろ過器と保湿器具が必要となります。砂だけでなく休憩できる陸地も用意することです。初心者の場合は、1匹...

すっぽんという生き物は、古来からことわざになっていたり食用にされて珍重されたりと、人間と大きな関わりのある生物と言えます。簡単ではありますが、生態系を少しご紹介します。すっぽんは、爬虫網カメ科という種類に属している動物です。食用とされているのは「キョクトウすっぽん」という種類です。甲羅はおよそ20?50センチくらいです。カメと形は似ていますが大きく違うのは、甲羅に六角形のウロコがなく、とても柔かい...

すっぽんの名産地というのはいくつかありますが、加温養殖のできるところで、露地養殖でなければなりません。ですから限られている地域でしか養殖できないのです。日本国内ですっぽんの養殖を行っているところといえば岐阜、沖縄、静岡の浜名湖がありますが、いずれも街中ではなく観光地になっているようなところが多いです。ですから養殖するのに十分にスペースがあり、環境も保たれやすく、名産地として成り立っているとも言える...