すっぽん料理の歴史まとめ

すっぽんサプリ

健康食品として様々な効果や効能があるとして有名な、すっぽんは宮中料理として楊貴妃も愛用していたと言われているほど歴史が古く、中国では3000年から4000年の歴史があります。

 

また中国では料理のほかに漢方薬として使用されており、メスは繁殖用にしてオスを料理や漢方として使用していたとされています。

 

日本でのすっぽんのイメージは高級料理で、普段はなかなか食べることができない物という印象が強いのですが、日本でも、すっぽんの歴史は古くからあり、食用として扱われていたのは江戸時代中期といわれているのですが、縄文時代の貝塚や弥生時代の遺跡からすっぽんの骨の化石が発見されており、古代の日本人の食生活にかかわっていた事が分かっています。

 

古くから食されていたのですが、一般的に食されているのは養殖が始まった明治時代以降で、天然物ははとても希少性が高く高級で、市場に出回っている多くのものは養殖物ですが、豊富に含まれている栄養素は天然物と変わりは無いと言われています。

 

また最近では美容効果に注目が集まっており、コラーゲンを大量に含むすっぽんは人気があり、コラーゲンを形成するために必要なアミノ酸も豊富に含まれていますので、手軽に摂取する事が出来るすっぽんサプリとして支持されています。

 

また美容や健康に効果があるすっぽんは捨てる所がない食材で、身のほかに骨や内臓、卵、血まで食用として扱われ、鍋料理や刺身、唐揚げなどで食べられることが一般的です。

 

また食用として扱われているのはアジア圏のイメージが強いのですが、ヨーロッパなどでも食材として扱われており、身や内臓などは食べないのですが、高級なスープとして人気があります。