細胞を作り出すためにレシチンは重要

すっぽんサプリ

大豆と卵の共通点をご存知でしょうか。それは、この2つの食品にはレシチンという成分が含まれることです。これは脂質の一種で、細胞膜の主要な構成成分です。脳や神経組織をはじめ体内のあらゆる細胞の膜に含まれており、体に必要不可欠な成分です。

 

レシチンは栄養や酸素を吸収して細胞内に取り込み、不要な物質を排出する働きがあります。この成分が体内で不足すると、新しい細胞を作れなくなったり、栄養の取り込みや老廃物の排出が滞ったりして、細胞が正常に機能しなくなります。人間の体は約60兆個の細胞から形成されていると言われており、レシチンは体が機能するのに最も重要な役割を果たしています。

 

この他にも、神経伝達物質であるアセチルコリンの生成をサポートして記憶や認識機能を高めたり、血中コレステロールを溶かして血栓を防ぐなど、レシチンには多面的な役割があります。

 

レシチンは大豆レシチンと卵黄レシチンに大別されます。

 

成分としては同じものですが、前者は血液内で働き、動脈硬化や脳卒中、高脂血症などを予防します。一方後者は神経系に大きく作用して、脳機能を改善する働きが優れています。

 

食品で摂取するには大豆、卵、レバー、ウナギに多く含まれています。しかし食品だけで毎日摂取するのが難しい場合は、サプリメントを利用するのが良いでしょう。

 

おすすめのサプリは「すっぽん酵素」です。すっぽん酵素にはレシチンのほか、体が正常に機能するのに必要な必須アミノ酸と必須脂肪酸が豊富に含まれています。美容や健康に不可欠な成分を簡単に摂取できるため、口コミでも評判です。
美容や健康に衰えを感じるようになったら、すっぽん酵素を試してみてはいかがでしょうか。"